ニュースリリース

【farmo気象センサー】でさくらんぼ農家の遅霜被害対策を開始しました

クラウド型気象センサーでリアルタイムの遅霜対策

farmoは今年も農家さんをサポートする新しいチャレンジを進めて参ります。

【farmo気象センサー】で、さくらんぼ農家の遅霜被害対策を開始

今年4-5月、栃木県北部、東北を中心に遅霜による被害が発生し、果樹農家を中心に大きな被害が出ています。(※遅霜とは、春先、冷え込む日が続いたことで降りてしまう季節外れの霜のこと)

この影響で果樹の雌しべが枯れてしまうなど、農作物への被害がでており、過去最大の88億円に上っていることが山形県の調べで明らかになっています。(栃木県ではりんご、福島ではもも、山形ではさくらんぼなど)

 日々、農家さんと直接対話しながら製品開発を行っている(株)farmoでは、遅霜被害に苦しむ農家さんのサポートをしたいと考え、farmo気象センサーを開発し、農場に設置し、データを測定する実証実験を始めています。

気象センサー

farmo気象センサーは、「気温・湿度・降雨量・照度・風速・風向・気圧」が計測でき、測りたい場所や目安にしたい場所に簡単に設置が出来るため、気象台から発表されるデータよりも、農家さんが知りたい、農場内の精度の高いデータを収集することができ、遅霜への対策が期待されます。

また、farmo気象センサーを設置することにより、 遠隔からでも知りたい場所の気象データを確認することができるため、労働時間、人的コストなどの課題にも対応できると考えています。今回は、大きな被害が発生した山形県のさくらんぼ農園に設置し、データの収集を行っています。農業の課題解決に取り組む(株)farmoにとって、チャレンジングな実証実験となります。

☞目標

 遅霜被害に苦しむ果樹農家を救いたい。私共(株)farmoのスタッフとともに〝ラク〟に管理できるよう、農業の省力化を目指し取り組みます。

本件に関するお問い合わせ

株式会社 farmo(ファーモ) https://farmo.co.jp/ 広報・営業 田中 貴也・小平真李
〒320-0855 栃木県宇都宮市上欠町 866-1
TEL028-649-1740 携帯︓070-4481-7081(田中) tanaka@farmo.co.jp kodaira@farmo.co.jp

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。