ニュースリリース

スマート農業(株)farmo ケーブルテレビと連携した IoT インフラを全国に整備

圧倒的低価格で地域の農業・防災のスマート化を加速

2005年創業のスマート農業に特化したITベンチャー企業、株式会社farmo(住所:栃木県宇都宮、代表取締役社長:永井洋志)は、ケーブルテレビ(CATV)とLPWAの通信インフラ整備とLPWA通信網を活用した地域課題解決型のIoTビジネス構築を支援し、12月20日よりサービス展開します。

農業や⼀次産業など、少⼦⾼齢化が進む中での問題、近年被害が増加している災害や防災への対策など、地域には様々な課題が散在しています。農業の⽣産性向上、気候変動による⽔害、スマートシティ推進によるまちづくり、産業・教育など、地域に存在する様々な課題を解決する⼿段として、IoT やICT を活⽤した取り組みによる解決が期待されています。農業に特化したITベンチャー企業、株式会社farmoは、地域のCATVと連携し、LPWA通信網を整備した、地域課題解決型のIoT ビジネス構築を⽀援します。

farmo からは次の5つをご提案します。①LPWA によるIoT通信インフラの構築②農業、⼀次産業、防災向けIoT製品の提供③IoT製品を活⽤したクラウドサービスの提供④DX の時代に向けたデータビジネスの構築⑤⾃社コンテンツ強化のためのデータ・API提供。CATV と地域LPWA のインフラを整備し、IoTを中⼼としたサービスを展開します。CATV側には通信インフラの整備を、farmo 側は通信設備(図1.farmo ゲートウェイ・図2.クラウド型管理システム)の提供を⾏います。※導入と事業展開(図3.)

地域BWAとも連携

CATVが整備を進める地域BWA(地域事業者が提供する広帯域の無線電気通信システム)とfarmoが提供するLPWA通信システムをつなぎ、地域IoTサービスの拡充、普及推進を図ります。

通信費の無料化を実現

LPWA通信でデータを基地局に集約することで、製品1台1台にかかる通信コストを無くし、基地局で発生する通信料金(SIM代)を最小限に抑えてfarmoで負担。これにより製品にかかる通信料の無料化を実現、農家の負担がなくなりスマート農業の普及拡大が進んでいます。(図4)

本件に関するお問い合わせ

株式会社 farmo(ファーモ) https://farmo.co.jp/ 広報 小平真李 kodaira@farmo.co.jp
〒320-0855 栃木県宇都宮市上欠町 866-1 TEL︓028-649-1740 携帯︓070-4406-2777

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。