NEWSニュースリリース

最新の活動予定を発表します

スマート農業花巻モデル第⼀号採択~ファーモの農業⽤ IoT 通信インフラを花巻市全エリアに整備~

プレスリリース原文ダウンロードはこちらから可能です。2005 年創業のスマート農業に特化した IT ベンチャー企業、株式会社 farmo(住所:栃木県宇都宮、代表取締役:永井洋志)は、岩手県花巻市がスマート農業推進事業として企画し公募する「スマート農業花巻モデル(以下、花巻モデル)

スマート農業(株)farmo ケーブルテレビと連携した IoT インフラを全国に整備

プレスリリース原文ダウロードはこちらから可能です。 圧倒的低価格で地域の農業・防災のスマート化を加速2005年創業のスマート農業に特化したITベンチャー企業、株式会社farmo(住所:栃木県宇都宮、代表取締役社長:永井洋志)は、ケーブルテレビ(CATV)とLPWAの通信インフラ整

山形県と本格導入に向けたスマート農業による果樹の霜被害対策を開始しました

プレスリリース原文はこちらからダウンロード可能です。東北で今年4月以降、霜やひょうによって農作物などへの被害が相次ぎ、山形県では特産のさくらんぼや西洋なしの被害のほか、新たに杉の苗木の被害も加わり、過去最大の被害額となりました。2005年に栃木県宇都宮市で発足したスマート農業に特化したIT

農業Week 2021に出展しました

10月13日(水)~15日(金)の3日間、農業Weekに出展しました。今回ブースに出展させていただいた時に、紹介していた製品は水田ファーモ・ハウスファーモ・露地ファーモ・気象センサー・水路センサー・通信基地局です。ご来場できなかった方で資料をお求めの方は、資料を送付させていただきま

圧倒的な低コストで 「地域の水を見える化」するサービスを開始しました

プレスリリース原文ダウンロードはこちらから可能です。過去のデータから想定が困難な雨の降り方など、予測のできない水害にどう備え、対策するかが喫緊の課題となっています。2005 年に栃木県宇都宮市で発足したスマート農業に特化した IT ベンチャー企業、株式会社 farmo は、新たな減災のサポ

水害を抑止・低減させる取り組み農家×自治体スマート田んぼダムの実証実験スタートしました

地球規模の温暖化の影響により、線状降水帯の発生や突然の豪雨、大雨による大規模水害が各地で頻発しています。予測のできない水害にどう備え、対策するかが喫緊の課題となっています。株式会社farmoは、農家×自治体☞減災のサポートというチャレンジングな課題に取り組みます。 プレスリリースのPDFダ

【farmo気象センサー】でさくらんぼ農家の遅霜被害対策を開始しました

クラウド型気象センサーでリアルタイムの遅霜対策farmoは今年も農家さんをサポートする新しいチャレンジを進めて参ります。プレスリリースの原文ダウンロードはこちらから可能です。ダウンロード【farmo気象センサー】で、さくらんぼ農家の遅霜被害対策を開始今年4-5月、栃

【ソーシャル水管理】 実証実験をスタートします

株式会社farmoはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用し、日本の農業をサポートする画期的な製品「farmo(ファーモ)」を開発、栃木から日本全国展開中です。farmoは今年も農家さんをサポートする新しいチャレンジを進めて参ります。プレスリリースの原文ダウンロードはこちらから可能

ウェブサイトリニューアル(準備中)のお知らせ

只今farmoオフィシャルサイトの開設準備を行っております。お見苦しい点が多々あるかと思いますが、随時更新、制作をすすめてまいりますので今しばらくご了承くださいませ。なお、farmo製品に関する情報は以下のサイトをご覧くださいませ。ファーモ製品サイトhttps://farmo.in

ラーメン(営業)

ラーメン屋跡地をオフィスとして活用。ファーモステーションとして、営業、カスタマーサポートの拠点にしています。

TOP